トップへ » 当院の6つの特徴 » 子供の矯正ガイド

何歳くらいから矯正治療を始めればいいの?

何歳くらいから矯正治療を始めればいいの

まずは、乳歯が生え揃ったばかりの3歳前後に一度ご相談ください。ただ、この時期の矯正治療は、子どもにストレスを感じさせる可能性があります。一度、経過観察として様子を見ることもあります。

次は、7歳から12歳くらいまでの期間です。この頃に一度、矯正専門医の診察を受けることをおすすめいたします。子どもの歯並びの乱れが遺伝によるものなのか、それとも生活習慣による骨格のズレから生じるものなのかを判断します。それによって矯正治療の開始時期を決定します。

また、ワイヤー等の器具を使わず、乳歯から永久歯へ生え替わる時期は、主に取り外し可能な装置で上顎や下顎の成長を利用しながら矯正治療を行います。

子供の矯正治療の流れを教えてください

お子さんの矯正治療は、はじめからワイヤーの装置を付けて治療をスタートするわけではなく、小児矯正は大きく分けて、ふたつのステップがあります。

ステップ1/第1期治療
この時期は、その後の成長発育ができるだけ、正常に近くなるように軌道修正をする期間で、成長とともに状態を悪化させる要因を取り除いていきます。第1治療期がうまくいくと第2治療期では永久歯を抜かずに治療ができる可能性がかなり高くなります。

ステップ2/第2期治療
大人の矯正治療を指します。上下すべての歯にブラケットを装着し、完全な咬合に仕上げる治療となります。

※初診時に永久歯が生え揃っている方は第2期治療からとなります。

うちの子、"受け口"かも知れません

ムーシールドお口のなかにポコッとはめておくだけで、約1年程度で受け口を改善できる"ムーシールド"という装置をオススメします。この装置は医療用アクリル樹脂でできたマウスピース状の器具で、夜寝ている間に口に入れておくだけで、舌やくちびるやほっぺたの筋肉を鍛え、受け口を改善していきます。

なぜ歯並びは悪くなるのですか?

なぜ歯並びは悪くなるのですか子どもの歯並びの悪さには先天的な要因後天的な要因とがあります。

先天的な要因は、顎の骨の大きさです。生まれつき顎の骨が小さい場合、歯が並びきらないため、結果として歯並びが悪くなってしまうことがあります。後天的な要因としては指しゃぶり、そして虫歯等で歯を抜いたまま放置すること等が挙げられます。

また、顎が成長しきっていない、ということも後天的な要因の1つです。現代の子どもは柔らかいものを好んで食べるようになり、結果として顎の骨が十分に発達できず、顎の中に歯が並びきらない、というケースも多数みられます。

関連ページ

院長の技術力見えない矯正装置痛みの少ない治療
非抜歯矯正を目指す治療の期間・流れ矯正中の虫歯予防
お試しデンタルエステ子供の矯正ガイドあなたはどのタイプ?(治療例)
料金表よくあるご質問医療費控除

矯正歯科カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院の6つの特徴 » 子供の矯正ガイド


コールバック予約