トップへ » 当院の6つの特徴 » 子供の矯正ガイド » なぜ歯並びは悪くなるのですか?

なぜ歯並びは悪くなるのですか?

なぜ歯並びは悪くなるのですか子どもの歯並びの悪さには先天的な要因後天的な要因とがあります。

先天的な要因は、顎の骨の大きさです。生まれつき顎の骨が小さい場合、歯が並びきらないため、結果として歯並びが悪くなってしまうことがあります。後天的な要因としては指しゃぶり、そして虫歯等で歯を抜いたまま放置すること等が挙げられます。

また、顎が成長しきっていない、ということも後天的な要因の1つです。現代の子どもは柔らかいものを好んで食べるようになり、結果として顎の骨が十分に発達できず、顎の中に歯が並びきらない、というケースも多数みられます。


トップへ » 当院の6つの特徴 » 子供の矯正ガイド » なぜ歯並びは悪くなるのですか?


コールバック予約